大島祐哉の出身高校や大学で有名人はいる?イケメン卓球選手が【えみちゃんねる】出演

大島祐哉が8月18日(金)の
快傑えみちゃんねるにゲストで出演します。

大島祐哉はイケメンの卓球選手ですが、
先日ドイツのデュッセルドルフで行われた
世界卓球選手権の男子ダブルスで48年ぶりに
日本に銀メダルをもたらし話題になりました。

そんな大島祐哉の出身高校や大学には
有名人がいるのか?

気になったので調べてみました。

スポンサードリンク

大島祐哉のプロフィール


出典:https://matome.naver.jp/

大島祐哉(おおしま ゆうや)
生年月日:1994年3月5日
出身地:京都府
身長:169cm
血液型:A型
利き腕:右

大島祐哉が卓球を始めたのは小学2年生。
地元の卓球クラブに所属していたようですが、
プロの卓球選手を目指していたわけではなく、
楽しみながら卓球をしていたそうです。

中学は陸上部に入り、リレーや三段跳びなどで
活躍し、走り幅跳びでは6m50cmの記録を出し、
当時の京都府記録になったようです。

大島祐哉の中学時代は陸上部と卓球クラブの
掛け持ちいう感じでしたが、卓球の強豪校の
東山高校の練習に参加できる機会がありました。

大島祐哉は東山高校の練習に参加したことで、
東山高校に進学して卓球することを決意。

大島祐哉の高校時代の卓球の成績は、
ネットで見つかりませんでしたが、

早稲田大学に入学してから頭角を現し、
全日本の大会や国際大会で
良い成績を収めています。

大島祐哉は陸上部で好成績を残したように、
元々の身体能力は高く、

東山高校では卓球選手としての技術とメンタルを
叩き込まれて鍛え上げられ、
早稲田大学で花が開いたようです。

スポンサードリンク

大島祐哉が世界ランクを上げたキッカケは?

大島祐哉は2015年に中国の蘇州で開催された
世界卓球選手権で森薗政崇とダブルスを組み、
ベスト8でした。

準々決勝では許昕/張継科(中国)に接戦で
惜しくも敗れたものの、
最強ペアを最後の最後まで追い詰め、
白熱した試合を見せてくれました。

そして、ITTF(国際卓球連盟)が開催する
ワールドツアー2015・中国オープンで
オフチャロフ(世界ランク4位)、
荘智淵(世界ランク13位)を破り、
馬龍(世界ランク1位)にあと一歩まで迫り、
日本の急成長株として大注目されています。

各選手の世界ランクは現時点の最新ランクですが、
この記事を書いている2017年8月現在で
大島祐哉の世界ランクは17位です。

なお男子の日本人選手で世界ランクトップは、
水谷隼の6位です。

当時の大島祐哉の世界ランクは60位でしたが、
ワールドツアー2015・中国オープンで
一気に世界ランクを上げ、
卓球選手として俄然注目されだしました。

世界ランク1位と対戦する前は馬龍の圧勝
などと評されることが多かったですが、
良い意味で期待を裏切ってくれました。

リオのオリンピックで日本の卓球選手は
大活躍しましたが、

このワールドツアーの活躍の良い流れが、
オリンピックに良い結果をもたらしました。

大島祐哉の出身高校や大学の有名人は?に関する記事は次のページへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする