齋藤隆成の子役時代や出身高校の主な有名人は?母親はどんな人? 【爆報フライデー】

齋藤隆成が9月8日(金)の
爆報フライデーにゲストで出演します。

齋藤隆成は子役として注目されましたが、
高校卒業後に結婚して子どもがおり、
現在は俳優業とバイトで生計を立てています。

そんな齋藤隆成の子役時代の経歴や、
出身高校の有名人は誰がいるのか?

そして、母親はどんな人なのか?
気になったので調べてみました。

スポンサードリンク

齋藤隆成のプロフィール


出典:https://ameblo.jp/saito-ryusei/

齋藤隆成(さいとう りゅうせい)
生年月日:1996年12月18日
出身地:神奈川県
身長:168cm
血液型:O型
事務所:ウェスタ

齋藤隆成は2003年の桜井翔(嵐)主演のドラマ
『よい子の味方-新米保育士物語-』でデビュー。
桜井翔(嵐)の子役を演じました。

2004年の『砂の器』で中居正広の子役を演じ、

『光とともに・・・』で山口達也(TOKIO)と
篠原涼子が演じる夫婦の子役を演じ、

火曜サスペンス劇場『北ホテル2』では、
川島なお美の息子役を演じました。

2004年12月に放送された
『ほんとにあった怖い話』のうち、
「前略、お父さん」で主演を務め、

2006年の『たったひとつの恋』では、
亀梨和也(KAT-TUN)の弟役を演じました。

2008年の『流星の絆』では二宮和也(嵐)の
幼少期を演じ、

2009年の『銭ゲバ』では松山ケンイチの
少年時代を演じました。

2011年の『いじわるばあさん3』では、
内藤剛志の息子役(次男)を演じ、

多くのジャニーズの子役に抜擢されており、
将来の俳優としての期待の高さが伺えました。

映画では『博士の愛した数式』(2006年)で
吉岡秀隆の幼少期を演じ、

『百万円と苦虫女』(2008年)で
蒼井優の弟役を演じ、

『綱引いちゃった!』(2012年)で
西田尚美の息子役を演じ、

『案山子とラケット』(2015年)では、
大友花恋の兄役を演じました。

スポンサードリンク

齋藤隆成の出身高校で有名人は?

齋藤隆成の出身高校を調べると、
クラーク記念国際高校と分かりました。
自身のブログで卒業証書をアップしています。

クラーク記念国際高校の校長は、
プロスキーヤーで登山家の三浦雄一郎。

北海道大学を開校し、「少年よ大志を抱け」で
有名なクラーク博士の子孫が認めた高校で、
全日制の高校と変わりない高校生活が送れ、
全国にキャンパスを構える広域通信制高校。

クラーク記念国際高校の主な出身者を見ると、

北川景子(女優)
岡田将生(俳優)
市原隼人(俳優)
指原莉乃(HKT48)
森泉(モデル・タレント)
重盛さと美(タレント)
錦戸亮(関ジャニ∞)
増田貴久(NEWS・テゴマス)
横尾渉(Kis-My-Ft2)
藤ヶ谷太輔(Kis-My-Ft2)
二階堂高嗣(Kis-My-Ft2)

山口立花子(声優)
川嶋あい(歌手)
林明日香(歌手)

小林可夢偉(レーシングドライバー)
竹内智香(スノボー・アルペン選手)
金田久美子(プロゴルファー)
高萩洋次郎(プロサッカー選手)などがおり、

俳優・タレント・スポーツ選手・歌手と
多方面で活躍している人が多かったです。

今後のクラーク記念国際高校は、
堀越・日出に並ぶ有名人の出身高校になる
可能性は非常に高そうです。

齋藤隆成の母親に関する記事は、次のページ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする