恒松祐里の子役時代や出身高校は?今後の抱負は?【ビタミン炭酸マッチCM】

女優の恒松祐里ビタミン炭酸マッチのCM
女子生徒の役を演じ、

関西ジャニーズJr.でキンプリの平野紫耀と、
元プロレスラーの天龍源一郎が
男子生徒役で登場。

天龍源一郎が恒松祐里に告白するも、
「何言ってるか分かりません」と言われて
フラれる設定になっています。

CMを見ていて、天龍源一郎の告白に困惑気味な
表情が可愛かった恒松祐里はどんな人なのか?

気になったので調べてみました。

スポンサードリンク

恒松祐里のプロフィール


出典:https://twitter.com/yuri_tsunematsu

恒松祐里(つねまつ ゆり)
生年月日:1998年10月9日
出身地:東京都
身長:158cm
血液型:B型
事務所:アミューズ

恒松祐里が芸能界に入るキッカケは、
小学1年生に入る前のオーディションで、

両親が恥ずかしがり屋の恒松祐里を直すため、
参加させたことがキッカケです。

オーディションに見事合格後、
子役デビューから現在の活躍に至り、
恥ずかしがり屋はすっかり直ったそうです。

恒松祐里は新垣結衣が主演の映画
『くちびるに歌を』で仲村ナズナを演じて
注目されましたが、

ナズナと性格は凄く似ていると語っています。
どういう部分が似ているのか?調べると、

恒松祐里は過去に学級委員を務めたことがあり、
クラスのみんなを引っ張るのが得意な方と
答えていました。

そして、人前で弱い部分を見せないところも
ナズナに似ていると答えていました。

幼少期の恥ずかしがり屋からジャンプアップし、
かなりのリーダー気質になっていますね。

恒松祐里は芯が強そうなので、
末永く女優業を続けていきそうです。

スポンサードリンク

恒松祐里の子役時代は?

恒松祐里の子役デビューは成海璃子が初主演の
『瑠璃の島』第6話です。当時7歳でした。

その後、岡田将生のドラマ初主演の単発SP
『フキデモノと妹』で岡田将生の妹役を演じ、

ココリコの田中直樹が主演の未来遊園地2では
片瀬那奈の少女期を演じました。

ネットで見つけた恒松祐里の幼少期の画像です。


出典:https://matome.naver.jp/

面影があって可愛らしいです。

吉瀬美智子が主演の『ハガネの女』では、
生徒役でレギュラー出演を果たし、

Eテレの『ビットワールド』では、
Qちゃん/キャンディマカロンで出演。

嵐の櫻井翔が主演の『家族ゲーム』では、
忽那汐里の中学生時代を演じ、

土屋太鳳主演のNHK朝の連ドラ『まれ』では、
浜辺美波の姉役を演じ、美少女姉妹と話題に
なりました。

映画では仮面ライダーシリーズに出演したり、
森三中の大島美幸が主演の
『福福荘の福ちゃん』で水川あさみの少女期を
演じています。

CMではモスバーガーのモスチキンや、
ECCジュニア
大東建託
任天堂のWii
家庭教師のトライなど、

恒松祐里は幼少期から多くの映画やドラマや
CMに出演していることが分かりました。

スポンサードリンク

恒松祐里の出身高校や大学は?

恒松祐里は今年高校を卒業したようですが、
出身高校をネットで調べると、
堀越や日出などの名前が上がっていました。

恒松祐里の出身高校の情報を更に見ていくと、
2015年の11月に一般の方がツイッターで、
「石原さとみの妹役の恒松祐里と同じ高校」と
ツイートしていました。

この一般の方は堀越高校のようだったので、
もしこのツイートが本当なら、
信憑性がかなり増しますね。

この方の他のツイートを見ていくと、
アメフトが好きらしく、アメフトのツイートが
とても多かったです。

高校のアメフトの大会のトーナメント表が
書かれたホワイトボードの写真をツイッターに
アップしたり、

大学に行ってアメフト部のマネージャーに
なりたかったことなどをツイートしていました。

確かに堀越高校にはアメフト部があるので、
この方と恒松祐里は同じ堀越出身というのは
ビンゴの可能性が高いと思いました。

恒松祐里は幼少期から芸能界で活動しており、
高校が堀越というのは違和感がありません。

そして、
恒松祐里は大学に進学したのか?
気になったので色々と調べましたが、

有力な情報は何も分からなかったので、
進学はせず今後は女優業に専念するだろうと
推測しています。

スポンサードリンク

恒松祐里の今後の抱負

恒松祐里は映画『くちびるに歌を』では、
素の自分に近い役柄だったようですが、

今後は自分の性格とかけ離れたブリッコ役も
演じてみたいと答えています。

スパイ役なども演じたいと答えており、
いろいろな役を経験し、女優として引き出しを
徐々に増やし続けていきたいそうです。

将来の恒松祐里は英語を勉強し、
ハリウッド映画に出演したいという
夢があるようですが、

ドラマ『5→9~私に恋したお坊さん~』で
共演した山下智久には英語のことを
色々聞いていたようなので、
恒松祐里の本気度が伝わってきました。

そして、
恒松祐里はミュージカルが好きで、
映画『ヘアスプレー』に影響されたようです。

ヘアスプレーは幼少期から見ていたそうで、
歌っている役柄に憧れを抱いていたようです。

幼少期に見た楽しい出来事は、
大人になっても楽しいこととして頭に残ります。

いつかは舞台にも挑戦したいと答えていたので、
近い将来、舞台デビューがあるかもしれません。

恒松祐里の事務所の先輩には上野樹里がおり、
「のだめカンタービレ」の撮影期間中は、
普段からずっと役になりきって生きてきた
エピソードを聞き、尊敬しているそうです。

事務所の先輩に目標とする女優がいることは、
素晴らしいと思いました。

まとめ

今回は恒松祐里を取り上げてみました。

恒松祐里は幼少期の恥ずかしがり屋を克服し、
今ではリーダーシップが取れる逞しい
性格になりました。

27時間テレビでは明石家さんまの
「ラブメイト6位」に入選し、
着実に女優として実績を積み重ねています。

恒松祐里は9月9日(土)公開予定の映画
散歩する侵略者』で立花あきら役を演じ、
『ハルチカ』『サクラダリセット』に続く
今年3作目の映画に出演します。

丸亀製麺やマッチのCMに出演したり、
ファンモンやナオト・インティライミなどの
PVに出演したり、

スカッとジャパンに出演したり、

雑誌『CINEMA SQUARE』では
コラムを連載するなど、
多才な一面を見せており、

今後の恒松祐里の活躍を期待しています。

最後までお読み頂き、
ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする