海宝直人の経歴と出身高校は?人気のミュージカル俳優が快傑えみちゃんねるにゲスト出演

海宝直人が7月7日(金)の
快傑えみちゃんねるにゲストで出演します。

本格的な人気ミュージカル俳優が
バラエティ番組に出演するのは珍しいので、
番組を見るのが楽しみですが、

海宝直人の簡単な経歴と
出身高校はどこなのか?
気になったので調べました。

スポンサードリンク

海宝直人のプロフィール


出典:https://twitter.com/naotosea

海宝直人(かいほう なおと)
生年月日:1988年7月4日
出身地:千葉県
身長:176cm
血液型:A型

海宝直人の経歴を見ると、
劇団四季ミュージカル「美女と野獣」で
舞台デビューをしています。

このとき海宝直人は若干7歳です。

海宝直人の両親は全く芸能界とは関係がなく、
姉と弟が芸能人です。

姉の海宝あかねは現在、劇団四季に所属し、
弟の海宝潤はジャニーズJr.に所属しています。

海宝直人は姉の海宝あかねがミュージカルの
「アニー」に出演していた姿を見て、
自分もミュージカルに出演したいと懇願。

劇団四季の子役オーディションに見事合格し、
「美女と野獣」に出演しています。

続いて「ライオンキング」や
「レ・ミゼラブル」に出演。

海宝直人は「経験豊富な先輩と共演し、
歌や芝居を身近に触れることができ、
自分の歌やセンスを育てて頂いた経験は
自分にとって大きかった」と語っています。

幼少期の頃から先輩と渡り歩けることは、
凄いと思いますし、やはり才能があると
いうことでしょう。

ちなみに、ライオンキングでは
姉の海宝あかねと姉弟出演していたそうで、
ミュージカルの道に導いてくれた姉との
共演は、喜びもひとしおだったでしょうね。

スポンサードリンク

海宝直人の出身高校は?

海宝直人の出身高校はどこなのか?
ネットで色々と調べてみると、
千葉県立国分高等学校のようですね。

主な署名人として、
落語家の古今亭菊之丞や、
漫画家の吉田ひろゆきや、
元女子サッカー日本代表の中地舞がいました。

海宝直人は母校の国分高校で、
講演会を行ったこともあります。

母校に訪問した海宝直人は、
「改築されていた校舎は、
正直懐かしさはなかった」と正直な感想を
述べていました。

海宝直人は久しぶりに訪れた母校を見て、
学生時代に過ごした校舎などの景観に
懐かしさを感じ、
一瞬で当時の思い出が甦り、
時間が戻ったと思います。

ミュージカルで活躍する俳優となり、
母校を訪れてみんなに歓迎され、
みんなと一緒に楽しむことができるなんて、
物凄く羨ましいですし、幸せものですよね。

海宝直人が母校で合唱コンクールに
全力を注いだエピソードは、
将来に夢を抱く後輩たちに良い影響を
与えたと思います。

俳優として活躍している俳優が、
母校で講演会を行うと、
後輩の自慢になるでしょう。

海宝直人は去年、地元千葉の市川で
バースデーライブを行っています。

会場は市川市文化会館小ホール。
大ホールではないものの、
立派なホールでキャパは約450人です。

その時、スペシャルイベントとして、
国分高校の合唱部の後輩たちと
『レ・ミゼラブル』の「民衆の歌」を
コラボしていました。

この日は海宝直人のバースデーと
いうことで、『Happy Birthday』を
後輩たちが熱唱したサプライズがあり、
海宝直人は喜んでいたようです。

そして、
ケーキデザイナーがデザインした
スペシャルバースデーケーキが用意され、
会場は盛り上がったようです。

海宝直人が快傑えみちゃんねるにゲスト出演

海宝直人が快傑えみちゃんねるでは
上沼恵美子とどのようなトークをするのか?

番組の予告編で、「心配ないさ~~」と
爽やかな笑顔で言っていたようなので、

上沼恵美子にミュージカルのことを
色々と聞かれると思います。

まとめ

今回は海宝直人を取り上げてみました。

海宝直人は幼少の頃からミュージカルで
舞台の経験を積み、偉大な先輩と共演しながら
歌と演技を磨いてきました。

姉の海宝あかねの影響を受け、
ミュージカルで大成した人気俳優です。

海宝直人は去年、バースデーイベントを
地元で開催して大盛況でしたが、
今年も開催されるようですね。

去年は母校の国分高校の合唱部の後輩と、
コラボ企画がありましたが、
今年も何かサプライズがあるかもしれません。

今年の海宝直人のバースデーライブですが、
7月21日(金)市川市文化会館小ホールで
海宝直人 Birthday LIVE 2017』開催です。

チケット状況をネットで見ると、
すでに「完売御礼」となっており、
ファンの期待値の高さがうかがえます。

今後の海宝直人の活躍を期待しています。

最後までお読み頂き、
ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする