知念侑李の家族構成は?体操の道を選ばなかった理由は?【VS嵐】

知念侑李(Hey!Say!JUMP)が
6月29日(木)のVS嵐にゲストで出演します。

知念侑李の父親は
オリンピックの元体操選手でしたが、

母親や姉はどんな人なのか?
そして、知念侑李は
なぜ体操の道を選ばなかったのか?

理由が気になったので調べてみました。

スポンサードリンク

知念侑李のプロフィール


出典:https://matome.naver.jp/

知念侑李(ちねん ゆうり)
生年月日:1993年11月30日
出身地:静岡県
身長:158cm
血液型:AB型

知念侑李は幼少期の頃、
両親が運営していた体操教室で保護者らと
話をしていたことで、
あまり人見知りをすることがないそうです。

知念侑李は幼稚園の年中くらいで
ジャニーズに興味を持ち、
嵐の影響を強く受けているようでした。

嵐がデビューした姿を見てカッコよく思い、
いつも嵐の曲を歌っていたそうです。

嵐のライブには小学生1~2年のとき、
実際に行ったことがあるそうです。

特に嵐の大野智に憧れてジャニーズに入り、
映画『忍者ハットリくん』で初主演に抜擢。

その後はユニットを掛け持ちしたり、
NHK紅白歌合戦に出場したり、

日テレのドラマ『スプラウト』で、
連ドラ初単独主演を果たします。

2014年には
第57回ブルーリボン賞作品賞を受賞した
佐々木蔵之介が主演の『超高速!参勤交代』に
出演。

2016年には内村光良と『金メダル男』で
ダブル主演しています。

7月1日(土)公開予定の映画『忍びの国』で
憧れの先輩である嵐の大野智と映画初共演。

知念侑李はドラマよりもコンスタントに
映画へ出演しているので、
現時点ではドラマよりも映画に
比重をおいているかもしれません。

スポンサードリンク

知念侑李の父親について

知念侑李の父親の知念孝は、
バルセロナ五輪(1992年)体操男子団体の
銅メダリストであり、
日本チームの主将を務めました。

バルセロナ五輪に出場した体操男子団体では、
当時は池谷幸雄や西川大輔がマスコミで多く
取り上げられていた記憶が微かにあります。

知念孝は現役引退後、
コーチとして活動しています。

知念孝の画像をネットで見ましたが、
あまり知念侑李と似ていませんでした。

知念侑李は母親似かもしれません。

知念侑李の母親について

知念侑李の母親のことをネットで調べると、
名前は知念美紀ということでした。

ジャズダンスの先生をしており、
嵐の櫻井翔のファンらしいです。

知念侑李がジャニーズのオーディションを
受けた時、母親も応援していました。

オーディションは新幹線で母親とともに行き、
突然、映画「忍者ハットリくん」の
オーディションを受けることになったとき、

知念侑李は母親に駄々をこねたそうですが、
母親はゲームを買ってあげると言って
上手く知念侑李を釣りあげ、
オーディションを受けさせたという
秘話があります。

知念侑李は映画の撮影中に
体調を崩したこともあるようですが、

すぐに母親が駆けつけ、
知念侑李の支えになったそうです。

知念侑李はインタビューで、
「もしあの時、駄々をこねて家に帰り、
映画のオーディションを受けていなければ、
今の自分はなかったかもしれない」
と語っているので、

母親には感謝しきれないと思います。

スポンサードリンク

知念侑李の姉の知念紗耶について

知念侑李の姉である知念紗耶の情報は、
ネットでかなり出回っているので
ご存じの方は多いと思います。

知念紗耶は3歳まで体操を経験しており、
6歳になってジャズダンスを始め、
アクロバットはキレキレ。

現在の知念紗耶はG-Rocketsという団体に
所属しており、かつて新体操や体操など、
世界を経験した強者たちが所属しています。

知念紗耶の父親は
オリンピック体操のメダリストで、
母親がジャズの先生ということなので、

激しい動きのダンスはお手の物でしょう。

知念紗耶の過去の主な出演作品を調べると、
ものまねタレントのコロッケの公演や、
ミュージカル『黒執事』などに出演。

知念紗耶がコロッケの公演に
多数出演していたことは意外でした。

テレビでは紅白歌合戦や、全日本仮装大賞
などに出演しているようでした。

紅白歌合戦ではパフォーマーとして出演したと
思われますが、姉弟で紅白歌合戦に出場歴が
あることになりますね。

知念紗耶はブログやツイッターで
情報を配信していますが、

ツイッターの方が更新頻度が高そうです。

知念紗耶は母親と同じく、
嵐の櫻井翔のファンのようです。

スポンサードリンク

知念侑李が体操をしなかった理由は?

知念侑李が幼少期の頃、
両親は体操教室を運営しており、
姉の知念紗耶は体操を習っていましたが、

知念侑李は姉と同じように
体操をしようとは思わなかったそうです。

知念侑李の場合、3歳でダンスを初め、
体操をすることよりも踊ることに
ますます魅力を感じていったようです。

知念侑李がダンスを始めたキッカケは、
幼少期ということもあり、
あまりハッキリと覚えていないようですが、
母親に連れて行かれたと答えています。

知念侑李がダンスを始めた当初は
リズム感に苦戦していましたが、

練習を積み重ねることによって、
できなかったことが徐々にできるようになり、
楽しく思えるようになっていきました。

父親がオリンピックのメダリストなので、
自分の息子である知念侑李も体操選手として
育てようとしなかったのか?と思いましたが、

そのようなエピソードは
ネットで見つけることはできませんでした。

知念侑李自身が体操よりも
ダンスに興味があったということなので、

父親の知念孝は
知念侑李の考えを尊重したようですね。

知念侑李がVS嵐にゲスト出演

映画『忍びの国』に出演した俳優陣が出演し、
豪華な顔ぶれとなっています。

知念侑李は憧れの先輩である
大野智と対決するようですが、

先輩後輩関係なく、ガチンコ対決で
どのような決着になるのか?

注目したいと思います。

まとめ

今回は知念侑李を取り上げてみました。

知念侑李は憧れの存在だった嵐の大野智とは
映画で共演し、
VS嵐でも共演できて嬉しいでしょうね。

知念侑李は10月2日~8日に行われる
世界体操カナダ・モントリオール2017
プレゼンターに就任することが決定。

知念侑李は体操の仕事をしたいと
以前から思っていたそうで、
今回の起用で念願が叶ったことになります。

松岡修造と共に
熱く体操を伝えてくれそうです。

知念侑李は今年の12月23日(土)公開予定の
映画『未成年だけどコドモじゃない』で
海老名五十鈴役で出演。

2018年公開予定の映画
坂道のアポロン』では、主演の西見薫役で
出演するようです。

知念侑李は映画に出演している
ジャニーズの若手として、
今ノリにノッている一人と言えそうです。

今後の知念侑李の活躍を期待しています。

最後までお読み頂き、
ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする