阪本奨悟が一度引退した理由とは?イケメン俳優&歌手がスカッとジャパンにゲスト出演

阪本奨悟が5月29日(月)放送の
痛快TVスカッとジャパンのショートドラマに
ゲスト出演します。

阪本奨悟は俳優兼歌手ですが、
過去に一度引退したことがあります。

過去に一度引退した理由や
現在どのような活動をしているのか?
気になったので調べました。

スポンサードリンク

阪本奨悟のプロフィール


出典:https://twitter.com/sakamoto_shogo

阪本奨悟(さかもと しょうご)
生年月日:1993年6月13日
出身地:兵庫県
身長:170cm
血液型:O型

阪本奨悟は過去にニコラ(nicola)などの
モデルとして活躍。

舞台『ミュージカル テニスの王子様』で
4代目・越前リョーマ役を演じたことで
注目され、人気を集めました。

阪本奨悟が一度引退した理由とは?

阪本奨悟を検索すると
【やらかし】というワードが出てきたので、
最初は阪本奨悟が何かやらかしたのかな?と
思いましたが、そうではなく、
一部の行き過ぎたファンの奇行のことでした。

2011年に学業専念と将来の方向性を
見つめ直すという理由から事務所と一旦契約を
終了していますが、それは表向きの発表で、

本当は心無いファンからの被害にストレスが
溜まってしまい、芸能活動から一旦身を引いた
という風にも言われているようです。

真実は阪本奨悟にしか分かりませんが、
もしこれが本当の話とすれば、
とても残念なことです。
本当の阪本奨悟のファンに失礼と思います。

スポンサードリンク

阪本奨悟が一度引退した理由(その2)

それ以外での過去の引退理由としては、
役者よりも音楽に力を入れたかったためと
言われています。

テニスの王子様などの人気舞台で
俳優として活躍し、ドラマやCMで
人気が出てきましたが、

音楽への強い思いを叶えるために地元に戻り、
音楽活動を始めたそうです。

テニスの王子様の舞台で多くの歌を歌い、
音楽の魅力に気づいたそうです。

舞台に出演していたからといって、
必ずみんなが役者を目指すとは
限らないということですね。

阪本奨悟が芸能界に入ったキッカケは、
小学6年生の時に母親がオーディションに
履歴書を送ったことだったそうです。

もともと映画やドラマが好きで、
演じる側に興味を持ったようですが、
実際その世界で芝居・ダンス・歌などの
レッスンに挑戦してみて、一番好きなことが
見つかったという感じです。

2012年のクリスマスから
シンガーソングライターとして再始動ですが、
このときはインディースでの活動です。

アコースティックギター・エレキギター・
ピアノなど、様々な楽器にも挑戦。

どんな楽器にも対応できるって器用ですね。
ミュージシャンとしての音楽の幅が広がり、
後々は大物歌手とのコラボが実現する
可能性が高いと思います。

事務所との契約を終了したあとの数年間は、
テニスの王子様で舞台に上がっていた時とは
全く違う対応をされていたようです。

役者としては人気を博したものの、
路上ライブでの反応はサッパリだったことに
失望したこともあったようですが、

そこで腐ることなく自分の信念を貫いて、
音楽を諦めなかった気持ちは賞賛に値します。

阪本奨悟の現在の活動状況は?

阪本奨悟の今年の活動ですが、
『全国阪本化計画』と題し、
全国でLIVE活動を精力的に行っています。

5月31日(水)に発売予定のシングル
『鼻声/しょっぱい涙』でメジャーデビュー。

しょっぱい涙は、テレ東アニメ
『王室教師ハイネ』のオープニングテーマで
使われています。

阪本奨悟は俳優と歌手2つの顔を持ちますが、
現在の活動状況を見ると、圧倒的に歌手活動が
多いですね。

31日にメジャーデビューするという理由もある
とは思いますが、ラジオ出演やLIVE活動など、
ほとんど休み無しです。

まだ若いので体力は十分にあると思いますが、
体調管理には気をつけて頑張ってほしいです。

阪本奨悟がスカッとジャパンにゲスト出演

阪本奨悟は部活モノのショートドラマに出演。
ショートドラマは初出演のようですが、

共演する女優の上白石萌歌とどのような
スカッとしたドラマを見せてくれるのか?
楽しみにしています。

まとめ

今回は阪本奨悟を取り上げてみました。

過去に色々あったようですが、
若い時にアメとムチを体感できたことは、
今後の阪本奨悟にとって
良い経験になったことでしょう。

テニスの王子様で役者として人気があった時、
慢心があったことを認めていました。

紆余曲折を乗り越え、
再び活動を再開しているので、
本人の努力と周辺の人達の協力のもとで
復帰することができたのではないかと
私は推測しています。

阪本奨悟の今後の活躍に期待しています。

最後までお読み頂き、
ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする