松本ハウスの現在は?2017年の講演会の予定は?【ハートネットTV】

松本ハウスが5月8日(月)放送のハートネットTVに出演します。
1990年代の人気絶頂の時に
活動の休止を余儀なくされましたが、
10年後に見事復帰しました。

久しぶりに活動を再開した松本ハウスの現在はどうなのか?
気になったので調べてみました。

スポンサードリンク

松本ハウスのプロフィール


出典:http://www.sunmusic.org/

(写真左)ハウス加賀谷:(ハウス かがや)
生年月日:1974年2月26日
出身地:東京都
身長:178cm
血液型:O型

(写真右)松本キック(まつもと キック)
生年月日:1969年3月8日
出身地:三重県
身長:174cm
血液型:O型

1991年にコンビを結成し、「ボキャブラ天国」や「電波少年」で活躍。
しかし、ハウス加賀谷が統合失調症を悪化させてしまい、1999年に活動を休止。

松本ハウスのハウス加賀谷と松本キックが
ボキャブラ天国に出演していたときのことはハッキリと覚えています。

ハウス加賀谷が元気よく
テレビカメラに向かって「加賀谷で~~~す!」とやっていました。

自分がよくボキャ天を見ていた当時は、
ネプチューンや海砂利水魚(現・くりぃむしちゅー)や
爆笑問題らが活躍していました。

今となっては冠番組をいくつも持っている超売れっ子お笑い芸人たちばかりですね。

松本ハウスのハウス加賀谷は、
10年間の闘病生活を経て2009年に活動を再開。
そのときコンビ名を「松本ハウス」から「JINRUI」と改めたようです。

もともと事務所は大川興業でしたが、
サンミュージックプロダクションと業務提携し、
数年後に再びコンビ名を松本ハウスに戻しています。

ボキャブラ天国が終了してから松本ハウスをテレビで見なくなったので、
テレビ出演をセーブしてライブ活動を中心にしていると思っていましたが、
ハウス加賀谷が闘病していたとは全く知りませんでした。

ハウス加賀谷が闘病している間、
松本キックはピン芸人として活動していたそうです。
しかし、毎年色々と新しいお笑い芸人が誕生するので、
松本キックの情報は自分には入ってきませんでした。

スポンサードリンク

松本ハウスの現在の活動は?

松本ハウスの公式サイトを見てみると、
Eテレの真面目な番組や、
各民放のバラエティー番組などにゲスト出演していたようです。

その他にネットでレギュラー番組があるか調べましたが、
レギュラー番組は現時点ではないようです。

松本ハウスはお笑いのライブ活動をしているようなので、
ライブに行きたいと思った人は公式サイトをチェックすれば情報を得ることが出来ます。

ライブ出演の直前になると、
ハウス加賀谷と松本キック2人のうちどちらかの書き込みがあったりします。

最近の書き込みを見ると、
ライブなどの告知は松本キックの方が多いです。

松本ハウスの今後の講演会の予定は?

講演会は無料で定期的に全国で開催しているようです。
公式サイトで事前にどこで講演会をするのかわかるケースもありますが、
気になった方はお住いの地域で【○○ 松本ハウス 講演】と検索すれば
ヒットする可能性があります。

松本ハウスの公式サイトを見ると、
統合失調症の専門家の先生を交えて真面目な話をしつつ、
ところどころに笑いの要素を入れたりして参加者を楽しませている講演会を
開催したケースもあったようです。

講演のテーマは各地域ごとに違うので、
とても楽しく学べそうです。

ちなみに、
自分の地元に松本ハウスが講演会に来たことがあるのか?
気になったので調べると、
2014年に来ていたようです。
えー、全然知らなかった!

松本ハウスがハートネットTVに出演

10年間の闘病生活はとても長いと思いますが、
コンビとしてこの10年をどう向き合ってきたのか?
今後の展望について2人が何を語るのか?
司会の風間俊介とAIが松本ハウスとどのようなトークを交えるのか楽しみです。

まとめ

今回は松本ハウスを取り上げてみました。

一度コンビの活動を休止し、
10年後に同じコンビで再結成というのはなかなか聞かない話です。

お笑いで方向性が違うなどの理由で解散というケースはたまに聞きますが、
松本ハウスはとてもコンビ愛があって素晴らしいですね!

現時点で松本ハウスは、お笑いライブや講演会が主な仕事のようです。
ハウス加賀谷の状態を見ながら徐々にテレビへの出演回数も増やすかもしれません。

最近の坊主頭のお笑い芸人といえば、
あばれる君や千鳥の大悟やカミナリの竹内まなぶを思い浮かべますが、
坊主頭の芸人だけを集めて何か面白いことをする企画に
ハウス加賀谷も入ってテレビを盛り上げてほしいと思いました。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする