矢本悠馬の子役時代と空白期間は?仲良し芸能人は誰?【ダウンタウンDX】

矢本悠馬が12月14日(木)の
ダウンタウンDXにゲストで出演します。

矢本悠馬はドラマ「花子とアン」、
「ブスと野獣」、「おんな城主 直虎」に
出演し、映画では「ちはやふる」シリーズや
「君の膵臓をたべたい」「トリガール!」など
話題作に出演した今年のブレイク俳優の1人と
されています。

そんな矢本悠馬の子役時代や空白の期間の
ことや、仲良しの芸能人のことなどが
気になったので調べてみました。

スポンサードリンク

矢本悠馬のプロフィール


出典:https://matome.naver.jp/

矢本悠馬(やもと ゆうま)
生年月日:1990年8月31日
出身地:京都府
身長:161cm
血液型:AB型
事務所:ソニー・ミュージックアーティスツ

矢本悠馬は2003年の映画「ぼくんち」で子役と
してデビュー。子役の座はオーディションで
勝ち取り、主人公の長男役を務めました。

同年、NHK朝の連ドラ「てるてる家族」に出演
していますが学生生活に専念するため芸能界を
一旦退いています。

専門学校を卒業後は2011年から大人計画に
研究生として参加し、翌年は研究生仲間らと
「劇団こまつな」を旗揚げ。

矢本悠馬は学生時代は学生らしい生活を
過ごしていたようですが、同世代の俳優で
学生時代も俳優業を務める人はいます。

芸能界に復帰した当初は、「もっと早くから
始めていれば」と思うこともありましたが、
今となっては遅れて再び俳優になったことを
後悔していないようです。

矢本悠馬は独特な雰囲気を持っていますが、
子役から普通の学生となり、再び俳優となり
ブレイクした経緯から、名バイプレーヤーの
独特な存在感がにじみ出ていると思います。

スポンサードリンク

矢本悠馬の子役時代と空白の期間は?

矢本悠馬の子役時代を調べると、映画では
「ぼくんち」で主演の一太役を演じており、
テレビではNHK朝の連ドラ「てるてる家族」で
杉浦太陽の少年時代役を演じています。

そして、2011年のドラマ「11人もいる!」や、
舞台「SAD SONG FOR UGLY DAUGHTER」に出演
するまでの間、芸能活動から退いています。

中学時代~高校時代は学生生活に集中し、
中学ではサッカー部や卓球部に打ち込む日々
だったようです。

高校ではテニス部に所属しており、「部活が
強い学校に入ればモテる」と考えて学校では
テニスを選択したようです。

実際、高校では控えではなくレギュラーとして
活躍し、モテモテだったらしいです。

テニス部が強いということなので、
インターハイに出場してもおかしくない
くらいの実力者だったかもしれませんが、
矢本悠馬のテニス情報は見つからず。

矢本悠馬は専門学校を卒業していますが、
どこの専門学校なのかは分かりませんでした。
ただ、専門学校の卒業条件として、大人計画の
オーディションが課せられていたようです。

やむを得ず参加して合格している経緯があり、
合格を機に再び俳優の道を志しています。

専門学校を特定できませんでしたが、
大人計画とコネクションがある専門学校が
濃厚と思いました。

復帰して以降はNHKの朝ドラ「花子とアン」に
出演し、2018年に「半分、青い。」の出演が
決定しています。

大河ドラマ「おんな城主 直虎」では柴咲コウ
演じる役の側近役を務め、NHKのドラマと
縁がある俳優という印象を与えています。

矢本悠馬と仲良しの芸能人は?

次のページ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする