山崎武司と同じ愛工大名電出身のプロ野球選手は?息子はどんな人?【たけしのニッポンのミカタ】

山崎武司が12月1日(金)のたけしの
ニッポンのミカタにゲストで出演します。

山崎武司は中日ドラゴンズや楽天イーグルスで
活躍した元プロ野球選手で、現在は野球解説者
以外でも多方面で活躍しています。

そんな山崎武司と同じ愛工大名電出身の
プロ野球選手は誰がいるのか?
息子はどんな人なのか?
気になったので調べてみました。

スポンサードリンク

山崎武司のプロフィール


出典:https://matome.naver.jp/

山崎武司(やまさき たけし)
生年月日:1968年11月7日
出身地:愛知県
身長:182cm
血液型:A型
事務所:デラモンテ

山崎武司は元プロ野球選手。
1987年に中日ドラゴンズに入団し、
1996年には39本でホームラン王を獲得。

2003年~2004年をオリックスで過ごし、
2005年から東北楽天ゴールデンイーグルスに
移籍。野村克也監督時代の2007年には、
43本でホームラン王を獲得し、108打点で
打点王も獲得。

2012年から古巣の中日ドラゴンズに復帰し、
2013年で現役を引退。
引退後は野球解説者としてだけではなく、
モータースポーツ活動や、タレントとしても
活動し、イベント・講演・執筆活動など、
多岐にわたって活躍中です。

山崎武司の所属事務所はデラモンテと言い、
所在地は愛知県の名古屋市です。
同じく中日ドラゴンズで活躍した山本昌も
同じ事務所に所属しており、2人が揃って
トークショーをすることもあるようです。

山崎武司は車好きで有名ですが、山本昌も
大の車好きで有名です。実際に乗る車だけでは
なく、ミニカーのコレクターであり、
ラジコンカーも収集しており、2005年までは
山本昌とラジコンカーのレース大会である
「山山杯」を開催していましたが、
区切りとなった10年目で終了しています。

スポンサードリンク

山崎武司と同じ愛工大名電のプロ野球選手は?

山崎武司の出身高校は愛工大名電ですが、
愛工大名電出身のプロ野球選手は他に誰が
いるか?調べてみると、

イチロー
工藤公康
堂上剛裕
堂上直倫
十亀剣などの名前がありました。

山崎武司の愛工大名電時代は甲子園に
出場経験はありませんでしたが、
高校通算本塁打は56本の記録を持っており、
先日メジャーリーグ挑戦を表明した大谷翔平も
56本です。

今年のドラフトで広島東洋カープに入団した
広陵高校の中村奨成は今年の夏の高校野球で
清原和博を抜く大会6本塁打を記録しましたが、
中村奨成の高校通算本塁打は44本なので、
山崎武司の方が高校通算本塁打は多いです。

ちなみに、主な選手の高校通算本塁打ですが、
清宮幸太郎が111本で歴代1位となり、
中田翔は87本、
西武のおかわり君の中村剛也は83本、
中日ドラゴンズの平田良介は70本、
横浜DeNAベイスターズの筒香嘉智は69本、
清原和博は64本
松井秀喜は60本を記録しています。

イチローは高2の夏と高3の春に甲子園に出場
経験がありますが、いずれも初戦敗退。

現ソフトバンクホークス監督の工藤公康は、
投手で夏の甲子園に出場し、
ノーヒットノーランを達成しています。

堂上兄弟と十亀剣も甲子園に出場経験があり、
先輩となる山崎武司が甲子園に出場経験がない
ことは意外でした。

山崎武司の息子はどんな人?

次のページ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする