清塚信也が俳優に挑戦する理由は?妻の乙黒えりの現在は?【アウト×デラックス】

清塚信也が11月23日(木)の
アウト×デラックスにゲストで出演します。

清塚信也は近年、人気ドラマ「コウノドリ」の
ピアノテーマを手掛け、「逃げ恥」などに
チョイ役で出演するなど注目されています。

清塚信也の本職はピアニストですが、
なぜ俳優業に挑戦するのか?
美人妻の乙黒えりの現在などが気になったので
調べてみました。

スポンサードリンク

清塚信也のプロフィール


出典:https://matome.naver.jp/

清塚信也(きよづか しんや)
生年月日:1982年11月13日
出身地:東京都
血液型:B型
事務所:トライストーン・エンタテイメント

清塚信也は父親が日本人で母親が韓国人の
日韓ハーフでピアニスト。

5歳でピアノを始め、1996年、第50回全日本
学生音楽コンクールの全国大会に出場し、
中学校の部で1位。

今日までドラマや映画での吹き替え演奏などの
活動を経て、2007年アルバムデビュー。

クラシック以外に、オリジナル楽曲も手掛け、
2013年の映画『さよならドビュッシー』で
俳優デビューを果たし、その後はドラマ
「逃げるは恥だが役に立つ」や
「コウノドリ」にチョイ役で出演。

バラエティ番組にも多数出演しており、
「櫻井有吉アブナイ夜会」、「プレバト」、
「さんま御殿」、「マツコの知らない世界」
などに出演。

清塚信也は多くのサウンドトラックを手掛けて
いますが、ドラマや映画以外ではゲームの
サントラも手掛け、メタルギアソリッドの
サントラを演奏。ゲームの腕も良く、
ピアノ並みとネットでは言われていました。

清塚信也は2012年に女優の乙黒えりと結婚し、
2人の娘がいます。

スポンサードリンク

清塚信也が俳優業に挑戦する理由は?

2013年、清塚信也は橋本愛が主演の映画
『さよならドビュッシー』でピアニスト役を
演じたことが本格的な俳優デビューとなり、
2015年に公開された映画『ポプラの秋』では
音楽を担当しつつ、俳優としても出演。

清塚信也は中学生の頃から俳優に興味があり、
幼少期から母親のスパルタ教育でピアノ漬けの
日々を過ごしており、家では映画やドラマを
見ることが唯一の娯楽だったようです。

小中学校時代は友達と遊ぶことより練習が
優先され、授業よりも練習が優先でした。
一番遊びたい盛りに1日数十時間も練習を
しており、母親は鬼コーチのようです。
私ならぶっ倒れるか、全力で逃げます。

清塚信也は高校から音楽科へ入学し、
彼女ができるも別れることになり、失意を
引きずりながらロシア留学を決意します。
中学の時から周囲にコンクールに優勝する
ことを求められ続けたことに苦痛を感じ、
ロシア行きを決めたとも語っています。

ロシアでは留学先が最初から決まっておらず、
ヒッチハイクするなど苦労しましたが、自分の
時間を自由に存分に使えた結果、もっと広い
世界で芸術を表現したいと思うようになり、
日本に帰国後はドラマや映画などの音楽に
携わりたい思いで関連会社に営業しています。

営業当初は全く相手にしてもらえず苦労した
ようですが、3年後に映画『神童』でピアノの
吹き替えの仕事をもらい、
のちの『のだめカンタービレ』に繋がります。

目の前のチャンスを確実にモノにしており、
ピアニストの枠を超えて俳優としても
活躍しています。

清塚信也の妻・乙黒えりの現在は?

次のページ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする