小沢仁志は強面だけど本当は優しい?ガキの使いのサイレント図書館にゲストで出演

数々の映画やバラエティなどで活躍している俳優の小沢仁志は顔面凶器というあだ名があるほど強面ですが、山下真司が言うには本当はすごく優しい人らしいです。そんな小沢仁志がガキ使の人気企画『サイレント図書館』にゲストとして登場します。

スポンサードリンク

プロフィール


小沢仁志(おざわ ひとし)
生年月日:1962年6月19日
年齢:54歳
出身地:東京都
血液型:A

身長は180cm。空手2段で剣道と柔道は初段の腕前なので、もう少し年齢が若ければ総合格闘技に出れたかもしれません。
2016年7月に今田耕司と月亭八光の番組に野沢直子と一緒にゲストで出演したとき、野沢直子が同じ中学の同級生ということを知り、ビックリしました。

見た目は怖いけど

山下真司のコラムをネットで見つけたので読んでみると、小沢仁志とはスクールウォーズで共演し、決闘シーンがあった日に家の近所のステーキ屋さんに招いてステーキをご馳走したそうです。

その時に山下真司が小沢仁志にクレソンにまつわるダジャレを言ったそうですが、山下真司はダジャレを言ったことすら忘れていたけれど、小沢仁志はステーキをご馳走されたことと、ダジャレのことをハッキリと覚えていたそうです。

スクールウォーズの撮影が終わって数年後に待ち合わせたときは、小沢仁志はイメージ通りのキザな衣装で登場したそうです。本人はコワモテな衣装は自分に似合っていると認識しているのでしょう。

一般人はテレビだけのイメージで印象を決めつけがちですが、山下真司はコラムで小沢仁志に対しスクールウォーズの中の、悪いけど本当はすごく優しいというイメージが完成されていると名言しています。

山下真司は小沢仁志と一緒に食事をする間柄なので、小沢仁志の優しい人柄を一般人以上によく知っているのは当然と思われます。

小沢仁志はヤクザ映画の印象が強い俳優でしたが、最近はバラエティ番組でも見かける機会が多いので、意外とお笑いが好きなのかもしれません。

スポンサードリンク

ガキの使いに出演

そんな小沢仁志が、ガキの使いのサイレント図書館にゲスト出演することに!

2016年は東幹久がドクロカードを引きまくったので「神ってる!」と思いましたが、小沢仁志はどんな罰ゲームを受けるのか?そして、どんなリアクションをしてくれるのか?今からガキの使いを見るのが楽しみです。

まとめ

強面な小沢仁志はオラオラ系ですが、お笑いに理解があるからガキの使いに出演したと推測します。それにしても、なぜ最悪な罰ゲームをする可能性が高いサイレント図書館に出演しようと思ったのか?は謎ですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする