濱田龍臣の子役時代は?今ハマっている趣味はゲーム?【ミラクル9】

濱田龍臣が10月25日(水)の
ミラクル9にゲストで出演します。

濱田龍臣は龍馬伝や怪物くんに出演し、
名子役のイメージを思い浮かべますが、

濱田龍臣の子役時代の主な出演作品や、
趣味のゲームのことが気になったので
調べてみました。

スポンサードリンク

濱田龍臣のプロフィール


出典:https://matome.naver.jp/

濱田龍臣(はまだ たつおみ)
生年月日:2000年8月27日
出身地:千葉県
身長:175cm
血液型:A型
事務所:フォースプリングス、テイクオフ

濱田龍臣はエキストラをしていた
祖母の影響を受け、子役活動をスタート。

濱田龍臣は2006年に子役としてデビュー後、
2010年、NHK大河ドラマ『龍馬伝』に出演。
龍馬伝のオーディションは1000人応募があり、
その中で濱田龍臣が選出されました。

同年、大野智(嵐)主演の『怪物くん』に
出演して以降、『ザ!鉄腕!DASH!!』や
『VS嵐』に出演し、ジャニーズメンバーとの
共演が増えています。

映画は2010年『必死剣 鳥刺し』に出演後、
2011年の『少年マイロの火星冒険記3D』で
主人公の声優を務め、

2012年には、
『チベット犬物語 -金色のドージェ-』でも
主人公の声優を務めました。

2016年の映画「ハイヒール革命!」では
女装姿になり、注目されました。

濱田龍臣は現在、高校生ですが、
出身高校は公表しておらず、ネット情報でも
確かな情報はありませんでした。

スポンサードリンク

濱田龍臣の子役時代の主な出演作品は?

濱田龍臣は2006年、『熟年離婚回避SP2』で
子役として本格デビューし、今日まで数々の
ドラマや映画などに出演しています。

そんな濱田龍臣の子役時代の主なドラマを
調べてみると、

2008年、『世にも奇妙な物語 春の特別編』の
「日の出通り商店街いきいきデー」で、
船越英一郎の幼少期役を演じ、

2010年のNHK大河ドラマ『龍馬伝』では、
坂本龍馬を演じる福山雅治の幼少期を演じ、
同年、『ヤマトナデシコ七変化』(8話)で、
バレエダンサーの宮尾俊太郎の幼少期を演じ、
同年、『怪物くん』で大野智(嵐)と共演。

さらに、
『崖っぷちのエリー-この世でいちばん大事な
カネの話-』で、佐藤江梨子の息子役を演じ、
『検事・鬼島平八郎』では、土井きよ美の
長男役を演じました。

2011年にはNHKの正月時代劇『隠密秘帖』に
出演し、『熱中時代』のSPでは転校生役を
演じました。

2012年の多部未華子が主演のドラマ
『浪花少年探偵団』でまえだまえだと共演し、

2014年は『相棒 season13』(2話)に出演。

2015年『表参道高校合唱部』はゲスト出演し、
吉本実憂の義弟で山田純大の先妻の息子という
難しい役を演じ、
同年、『だから荒野』(BSプレミアム)では、
鈴木京香の次男役を演じ、
同年、『京都人情捜査ファイル』(1話)で、
難波圭一の息子役を演じました。

濱田龍臣が出演した映画では、
『HOME 愛しの座敷わらし』(2012年)で
水谷豊と安田成美の長男役を演じ、

2013年の映画『ガッチャマン』で、
剛力彩芽の弟役を演じ、

2016年の映画『HIGH&LOW THE RED RAIN』で、
斎藤工の少年期の役を演じました。

濱田龍臣の趣味のゲームについては

次のページ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする