小関裕太の子役時代は?父親はどんな人?【スカッとジャパン】

小関裕太が10月30日(月)スカッとジャパン
ショートドラマに出演します。

小関裕太は子役から活躍し、テニミュが転機と
なり、ドラマ・映画・舞台・イベントなど
多方面で活躍中のイケメン俳優ですが、

小関裕太の子役時代や父親はどんな人なのか?
今後のイベント情報などが気になったので
調べてみました。

スポンサードリンク

小関裕太のプロフィール


出典:https://matome.naver.jp/

小関裕太(こせき ゆうた)
生年月日:1995年6月8日
出身地:東京都
身長:180cm
血液型:AB型
事務所:アミューズ

小関裕太は2003年、芸能界デビュー。
セキスイハイムのCMオーディションに合格し、
阿部寛の息子役でシリーズCMに出演。

2004年のドラマ『月曜ミステリー劇場
ホステス探偵危機一髪6』でドラマ初出演。

2005年には舞台『スーパーエキセントリック
シアター ニライカナイ錬金王伝説』で
初舞台を踏んでいます。

2006年~Eテレの『天才てれびくんMAX』に
出演し、てれび戦士として3年間のレギュラー
出演を果たしました。

同年、映画『親指さがし』で映画初出演。
その後はドラマ・映画・舞台・イベントなどで
活躍し、2011年に出演した舞台
『ミュージカル・テニスの王子様
2ndシーズン』がターニングポイントとなり、

舞台では『FROGS』(2013年)
ミュージカル『DNA-SHARAKU』(2016年)
『朗読劇 私の頭の中の消しゴム 9th letter』
(2017年)で主演を務めました。

映画では『空と海のあいだ』(2014年)、
『あしたになれば。』(2015年)、
『Drawing Days』(2015年)、
『ドロメ』男子篇(2016年)の星野颯汰役で
主演を務めました。

スポンサードリンク

小関裕太の子役時代の活躍ぶりは?

小関裕太は2003年に初めて受けたCMの
オーディションに合格して芸能界デビューを
果たしていますが、

その時のセキスイハイムのCMでは阿部寛の
息子役で出演しています。

小関裕太の子役時代の作品で俳優や女優の
幼少期などを演じているのか?調べると、

2004年の初出演ドラマ『月曜ミステリー劇場
ホステス探偵危機一髪6』で
柴田理恵の息子役を演じています。
ちなみに柴田理恵は、ホステスの役でした。

2006年『ダンドリ。-Dance☆Drill-』では、
栄倉奈々の弟役を演じ、

2014年『ビター・ブラッド』では、
高橋克実の息子役を演じ、
同年の『ごめんね青春!』では、
津田寛治の息子役を演じました。

小関裕太が子役で出演した映画では、
2006年の『親指さがし』で春海四方の
幼少期を演じ、

2007年の『ユメ十夜』(第四夜)では、
山本耕史(夏目漱石役)の幼少期を演じ、

2014年の『ぶどうのなみだ』では大泉洋の
青年期を演じました。

小関裕太の子役時代の主な作品を見ていると、
ドラマでは息子役が多く、
映画では俳優の幼少期役が多いと思いました。

小関裕太の父親や、今後のイベント情報は?

次のページ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする