三上真史が園芸王子と言われる理由は?現在の活躍とイベント情報は?【プレバト】

三上真史が10月19日(木)の
プレバトにゲストで出演します。

三上真史は元D-BOYSのメンバーで、
特撮ドラマ「轟轟戦隊ボウケンジャー」や
映画・舞台・バラエティ・吹き替えなど、
活躍の場を広げています。

2011年からEテレの「趣味の園芸」に出演し、
園芸王子と言われていますが、

園芸王子と言われる理由は何だろうか?
そして、現在の活動状況やイベントなどが
気になったので調べてみました。

スポンサードリンク

三上真史のプロフィール


出典:https://matome.naver.jp/

三上真史(みかみ まさし)
生年月日:1983年6月20日
出身地:新潟県
身長:177cm
血液型:A型
最終学歴:明治大学政治経済学部
事務所:ワタナベエンターテインメント

三上真史は地元の新潟でバンド活動し、
大学進学で上京したことをキッカケに、
音楽の聖地である下北沢に行き、
芸能事務所関係者に声掛けされました。

最初は断ったものの、一週間後に別の場所で
同じ事務所の関係者から声を掛けられ、
2003年の映画「偶然にも最悪な少年」で
俳優デビュー。

大学卒業の頃に一度は俳優業を辞め、
映画や格闘技関係のライターの仕事に就いた
時期もありましたが、2006年、特撮の
「轟轟戦隊ボウケンジャー」に出演し、
同年に大学を卒業しています。

三上真史は2007年に所属事務所を辞め、
D-BOYSオーディションを受けて
準グランプリを獲得し、同年正式に
現事務所所属となりD-BOYSに加入。

2011年からEテレの『趣味の園芸』で
メインナビゲーターを務めるほか、
「フルハウスTAKE2」では主人公の吹き替えを
務めるなど、多方面で活躍中です。

三上真史は今年の4月末でD-BOYSを脱退し、
5月には高校時代の後輩と結婚しています。

スポンサードリンク

三上真史が園芸王子と言われる理由は?

三上真史は幼少期からガーデニングが好きな
母親の手伝いをしていたことや、
地元の新潟に自然が多かった影響を強く受け、
育ちました。

埼玉県の秩父にある羊山公園には、
新名所とされる「芝桜の丘」がありますが、
三上真史は大学進学で上京して間もないころ、
東京での生活に少し心が折れかけていた
そうですが、芝桜の丘を見て心が癒され、
改めて植物が好きということに気づきました。


出典:http://www.chichibu.co.jp/topics/2013/04/12955/

桜のピンク色が何種類もあって美しいです。
とてもキレイなので癒される気持ちは
十分に分かりました。

芝桜の丘をキッカケに自分の部屋のベランダで
植物を育てることになり、その後はブログで
園芸を紹介するほど園芸が趣味になり、
そのブログを見たNHK「趣味の園芸」に携わる
人物が三上真史に興味を持ち、番組出演が
決定したそうです。

プロの制作者の目に留まっているので、
さすが園芸王子だなと納得しました。

三上真史が園芸を紹介しているのはEテレの
「趣味の園芸」だけではなく、
テレビ神奈川の「猫のひたいほどワイド」でも
園芸の楽しさをアピールしています。

10分間のコーナーで園芸を楽しく伝えており、
最初興味のなかったメンバーの中で、今では
自宅で植物を育てている人物もいるそうです。

園芸初心者に園芸の楽しさを伝える橋渡し役に
三上真史はなっているようです。

三上真史はガーデンコーディネーターや
フラワーデザインの資格を取得していますが、
「趣味の園芸」では毎回園芸の
スペシャリストの先生が招かれるので、直接
専門的な知識を学べる環境にいます。

その知識を活かさないと勿体無いので、
形として残すという意味合いも込めて
ガーデンコーディネーターの資格を取得した
と語っています。

フラワーデザインの資格に関しては、
知人の結婚披露宴でブーケを作って欲しいと
頼まれたことがキッカケで資格を取得し、
ブーケに留まらず贈呈用の花束や、
テーブル装花まで手がけるなど、
披露宴で使う花の全てをデザインしました。

三上真史はEテレ「趣味の園芸」の
メインナビゲーターだけではなく、
「第33回全国都市緑化よこはまフェア」の
広報親善大使も務め、メイン開場の一つの
入口のところをデザインしました。

園芸関連には凄く実績があるので、
三上真史が園芸王子ということに納得です。

三上真史の現在の活動状況やイベント情報は?

次のページ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする