堀内敬子はバイプレーヤーで満足?気になる美容法は?【芸能人格付けチェック】

堀内敬子が10月10日(火)の
芸能人格付けチェックにゲストで出演します。

堀内敬子は話題のドラマや作品に必ずと言って
いいほど出演している女優であり、
元劇団四季の団員でした。

そんな堀内敬子はバイプレーヤーとして
満足しているのだろうか?
年令を重ねても美しい美肌を保つ美容法などが
気になったので調べてみました。

スポンサードリンク

堀内敬子のプロフィール


出典:https://matome.naver.jp/

堀内敬子(ほりうち けいこ)
生年月日:1971年5月27日
出身地:東京都
身長:158cm
血液型:O型
事務所:キューブ

堀内敬子は7歳からクラシックバレエを習い、
運動神経は抜群に良かったため中学では
バスケットボールに取り組みキャプテンを
務め、全国大会にも出場した腕前でした。

高校はバスケット選手として推薦入学が可能
だったものの、小柄ということで断念し、
母親の勧めで演劇科のある関東国際高校に
進学しています。

堀内敬子は高校卒業後、
劇団四季附属研究所に入所し、1年後に
『ミュージカル李香蘭』で初の舞台出演。

劇団四季時代は『美女と野獣』や『エビータ』
などの作品でヒロインを務め、四季看板女優の
野村玲子とWキャストでヒロインを務めた
こともありました。

1999年に劇団四季を退団後は
『レ・ミゼラブル』や
『屋根の上のバイオリン弾き』などの舞台に
出演。

2003年~2004年頃は活動が少なかったものの、
『I LOVE YOU 愛の果ては?』の演技をたまたま
観劇していた三谷幸喜に高評価され、
初対面で『12人の優しい日本人』の出演依頼を
されて出演。

それ以降も三谷幸喜作品に多数出演。

2007年には第33回菊田一夫演劇賞と
第15回読売演劇大賞優秀女優賞を受賞し、
舞台だけではなくドラマや映画などで活躍中。

スポンサードリンク

堀内敬子はバイプレーヤーで満足?

堀内敬子は多くの舞台・ドラマ・映画などに
出演し、色々な役を演じてきました。

三谷幸喜からは憑依型女優と言われるほど
演技力には定評があります。

舞台で主演を何度か務めたことはありますが、
劇団四季を退団後のドラマや映画では、
名バイプレーヤーとして活躍しています。

芸能界デビューするキッカケは、街でスカウト
されたり、オーディションに応募するケースが
ほとんどですが、
堀内敬子の場合は「女優になりたい!」という
強い意志はなかったそうです。

幼少期に母親が舞台に連れて行ってくれたり、
クラシックバレエを習っていたことが影響し、
母親の言われるがまま劇団に入団して現在に
至ると答えていました。

劇団四季時代のレッスンはとても過酷で、
その日生きていくだけで精一杯という風に
語っており、想像するだけで大変ですが、
辞めたいと思ったことはないと答えており、
堀内敬子の意志の強さを感じました。

劇団四季を退団後は映像作品のやり方に
最初は戸惑いつつ、舞台に立っていましたが、
三谷幸喜と出会い演技のメソッドを教えられ、
役柄を今まで以上に考えるようになりました。

堀内敬子は主役をやってみたい!という願望は
特になく、「良い作品にちょこっと出たい」と
いう言い方をしています。

主役じゃないけれど、作品のキーパーソンに
なることが多いので、貴重な女優と思います。

堀内敬子は「人」に興味があり、色々なことを
聞きたいらしく、『徹子の部屋』のように、
『敬子の部屋』をいつかやりたいと
語っていました。

名バイプレーヤーの女優が『徹子の部屋』の
ようなトーク番組をすることは、
とても新鮮なので、是非実現してほしいです。

堀内敬子の美容法は?

次のページ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする