佐野岳が大学時代にラクロスに挑戦した訳は?今後の出演作品は?【ぶっこみジャパニーズ9】

佐野岳が10月3日(火)の
ぶっこみジャパニーズ9にゲスト出演します。

佐野岳はジュノンボーイで、
仮面ライダーシリーズに出演後は
ドラマ・映画・舞台などで幅広く活躍中です。

幼少期から高校までサッカーを続けましたが、
なぜ大学でラクロスをすることにしたのか?

今後のドラマや映画の出演予定などが
気になったので調べてみました。

スポンサードリンク

佐野岳のプロフィール

出典:https://matome.naver.jp/

佐野岳(さの がく)
生年月日:1992年4月3日
出身地:愛知県
身長:170cm
血液型:A型
事務所:エヴァ・グリーンエンタテイメント

佐野岳は第24回ジュノンのコンテストで
グランプリを受賞。(2011年)

コンテストの応募総数は1万3228人もおり、
その中でグランプリ獲得は立派です。

2012年の舞台『SAKURA』で俳優デビューし、
ドラマ・舞台・スポーツ番組などで活躍。

2013年の
『「また、必ず会おう」と誰もが言った。』で
映画初出演にして初主演を果たし、
同年『仮面ライダー鎧武/ガイム』で
ドラマ初主演を果たしました。

佐野岳はジュノンのコンテスト時から
運動神経の良さをアピールしており、
『芸能界特技王決定戦 TEPPEN』や
『オールスター感謝祭』や
『究極の男は誰だ!?最強スポーツ男子頂上
決戦』通称「スポダン」に出演。

2015年の秋に放送された
『オールスター感謝祭』のマラソンで優勝し、
「スポダン」では3度も総合優勝しています。

『仮面ライダー鎧武/ガイム』では生身での
アクションをこなし、プロのアクション関係者
から歴代の仮面ライダー主演俳優の中では
最も身体能力が高いと評価されています。

スポンサードリンク

佐野岳がラクロスに切り替えた理由は?

佐野岳は保育園から高校までサッカーを続け、
中学の時にはクラブチームに所属するくらい
サッカーは優秀でした。

クラブチーム時代には元日本代表の宮市亮と
サッカーの愛知県代表に選出され、
他県代表と戦った過去があることは、
佐野岳のファンの間では有名です。

愛知学院大学ではサッカーをせずラクロス部に
所属していましたが、
経験したことがないスポーツで、
趣味と割り切ってできるスポーツをやりたいと
思うようになりました。

サッカー選手を目指したときもありましたが、
現実を直視して方向性を変えたのは、
竹内涼真に似ていると思いました。

ラクロスは高校でラクロス部が非常に少なく、
大学では未経験の人が多いという状況で、
週4で活動していたようです。

大多数の人と同じスタートラインで、
大学からスタートできるスポーツというのは、
数が限られて非常に珍しいです。

ボールの扱いが手と足ではやはり違いがあり、
苦労したようですが、新しいことに
挑戦する姿勢は素晴らしいと思いました。

佐野岳は愛知学院大学は中退しており、
ラクロス部も退部したと思いますが、

とにかく何でも挑戦したいという好奇心旺盛な
性格と、人とは違うことがしたいという願望は
常に持っているので、今後の俳優人生に
ラクロスの経験は活きるだろうと思いました。

佐野岳の今後の出演作品は?

次のページ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする